私は心がせまいのでしょうか?

仕事に忙殺されたまま2022年を迎え、あらためてブログのみならずいろんなことを「継続する」難しさを知る。

 

で、やっと書いたと思ったら、またこの話題、

というかとうとう日本でもあちこちで出始めたこの課題。

「性自認は女性」と説明の利用客、女性トイレに侵入容疑で書類送検(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース

以前にも書いたが、正直私からすると腹正しい気持ちにすらなる。

通常の男性トイレにも女性トイレにも個室はあるではないか。何も男性トイレの小便用に並んで用を足す姿をさらすようなこともない。ある程度プライバシーは守られる。

そもそも世の中には例えば店舗の中等に男女兼用トイレ=ジェンダーフリートイレだってあるところは少なくはない。

よくこの解決策として多目的トイレを増やすというトランスジェンダーもしくはその周囲の方の意見を見るが、どうしてそれが解決になるのか?それによって本来物理的に多目的トイレを必要とする人間が不利益を被ることは考えないのだろうか?

外に出て現実をよく見てもらいたい、駅やサービスエリア、商業ビル、その施設もしくはフロアに2つ以上多目的トイレがあるところがどれほどあるか?1つあれば御の字だ。

それが仮に2つになったとして、車イス利用者やベビーカーをもった男女、オストメイト利用者と同様にトランスジェンダーの方も使うことが当然だと?

そこしか物理的に使えない、使えなければ最悪粗相することになってしまう人、小さな子供の世話するスペースが必要な人と同様だと?

はっきり言わせてもらうが冗談ではない。

 

このブログで何度も書いているが、そうやってマイノリティ自身が自分たちへの偏見・先入観を助長させてしまうのだ。

もちろん、世のありとあらゆる人が何の不便も不自由も感じない、何も我慢することがない、たしかにそれが理想だ。

その理想に向かうにしてもその過程で不便・我慢は発生するし、そこには優先順位というものがあるのではないか?

私はLGBTの方たちを差別する気はないが、心がせまいのでしょうか?

 

 

 

 

 

嘘はいけないという当たり前の話

仕事でてんぱってしまい、まったくブログ書く余裕がない日々を送っているが、これだけは書いておきたい。

現在ニュースの中心となっている自民党総裁選だが、その立候補者の一人野田聖子氏に関する疑問だ。

以前よりあちこちで記事になっていたことだが、彼女の夫は元暴力団員であるという話。

野田聖子氏もその夫もその事実を認めていないようだが、少なくとも日本の司法の場で彼女の夫は元暴力団員であると認められた。

野田聖子の夫は「元暴力団員」と裁判所が認定 約10年間組員として活動【上半期ベスト15】(デイリー新潮) - Yahoo!ニュース

これについて未だ野田聖子氏はブログで文春を名誉毀損で訴えた裁判の判決を根拠に反論しているが、産経新聞記事によれば、この裁判においても「「夫は元暴力団員」とした部分は「行い得る裏付け取材をしており、真実と信じる相当な理由がある」とし、名誉毀損は成立しないとした。」とあり、反論の根拠としては受け入れられない。

野田氏夫への名誉毀損認定 文芸春秋に賠償命令 - 産経ニュース

これに加えて、上記の夫が元暴力団員と認められた新潮との裁判についても、証人を偽証罪で告発したブログで主張しているが、この結果も出ていないわけで、現時点で「事実無根」などと主張できる明確な根拠は野田聖子氏とその夫側にあるとは私には思えない。

ちなみに、仮に夫が「元」応力団員であるという過去そのものについては、現在野田氏が国会議員であること総裁選に立候補する上では何の問題もない、なんせ更生した「元」なのであるからというご意見もあろうかと思うし、その意見は論理的にはわからんではない。

しかし、少なくとも現時点においては、司法の場で元暴力団員と認定されたということは、野田氏と夫は嘘をついていたということではないか?であればそれは更生した人間の行動として正しいのだろうか?

私はそうは思わない。今後上述の野田氏の告発によってまったく違う結果出る可能性ももちろんあるわけだが、少なくとも現時点で野田聖子氏は国会議員としての資格はないと思う。

 

にしてもこの司法の判断が出たというニュースをメディアがほとんど取り上げないのは

どうして?

 

野田氏については不妊治療と障害者に対する姿勢についても私は以前から大いに疑問を感じているがそれはまた仕事が落ち着いたら書こうと思う。

 

 

マイノリティなのかマジョリティなのか?

なかなか書けないので今日も簡単に、、、

自粛自粛にうんざりなのは日本中の大半の方がそうであろう。私ももちろんそのひとり。

プロ野球やってんだからコンサートもいいじゃないか、野外フェスも問題ないとかいろいろおっしゃる方は多いし、私も基本的には感染対策がなされ、一定のルールの下でコントロール可能なのであればなんでも中止でなくてもいいじゃないかと思う。

 

が、結局こういうことが起きると、「ね?ルール守らないでしょ?コントロール/自制できないんでしょ?」と中止・禁止にならざるを得ないのだろう。

つまり、これまた自分で自分の首をしめ、一部の人間マイノリティがあえて全体(この場合「若者」「ヒップホップファン」「愛知県民(?)」への偏見を増大させている例だ。

こういったイベントにおいてはそういった人間がマジョリティなのかもしれないが、、、

コロナに関しては二言目には「人流」「飲食店」「若者」と決まりきった悪者報道が多く、1年間緊急事態宣言と蔓延防止しか策らしい策が見えない政府・自治体に不満が高まるのはもちろん理解するが、一方であれするなこれするな言われないと自分を律することも出来ないというのもそもそもいかがなものか?

 

「極めて遺憾」大村知事が抗議 愛知で開催の「密状態」野外フェス(毎日新聞) - Yahoo!ニュース

愛知の野外フェスで密状態 出演のZeebraさん「危険な状況だった」 | 毎日新聞

超密…酒提供…音楽フェス「NAMIMONOGATARI」炎上で「愛知県民」がトレンド入り 「なんかもう愛知県民どちらかというと被害者なんですけど」(中日スポーツ) - Yahoo!ニュース

言っただけだからよい?

仕事仕事でなかなかブログ書けず、、、

ブロガーの方の多くはもっとタイムリーにささっと書けちゃうんだろうなぁ、、、

 

あいかわらずタイムリーに書けないけど、毎日のように違和感を感じるニュースはあとを絶たない。

まずこれ

メンタリスト・DaiGo、謝罪を撤回し改めて謝罪「もし自分の母親が生活保護を受けていたら…」(スポーツ報知) - Yahoo!ニュース

 

DaiGoの発言の是非・良し悪しはここではコメントしたくないのでしない。

「あぁ、そういう考え方の人なのね。俺は嫌いだな。」ただそれだけ。

で、がっかりだったのがこれ

ひろゆき氏、“命の優劣”めぐる問題に私見(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース

「DaiGoさん何もしていない」ひろゆき氏が炎上に投じた私見(FRIDAY) - Yahoo!ニュース

私はひろゆき氏の発言にはなるほどと思うことも少なくなく、嫌いではないのだがこの発言は彼の発言の中でもかなりレベルが低いように思う。

また「言っただけで何もしてない」から悪くないと言っちゃうと、世の中の政治家その他の失言問題等はたいがい悪くないことになるのでは?森喜朗氏も悪くない。

また、生活保護を受ける人は死んでもかまわないという発言と、肉を食することが、生命を軽んじているという問題において同列で扱うなどというのは幼稚きわまりない比較だ。まぁ、脳科学者としての発言・仕事をめっきり目にすることがなくなった茂木なんちゃら同様に友人らしいDaiGo氏をただかばいたかっただけなのか、だとすればそれはそれこそプライベートでなぐさめてやればよいのにと思う次第。

ちなみにこのニュースで感じた違和感のひとつが「命の優劣」という言葉。

上記のニュース見出しもそうだし、ひろゆき氏も「外国の難民の命と家族の命を同列に扱う人は少ないです。命に優劣が無いとか綺麗事でいい気分になっても社会はまったく変わりません。」などとツイッターで発言しているが、それって優先順位であって優劣ではないのでは?

確かに私も見ず知らずの人間の命より家族の命を優先的に守ろうとすると思う。

ただそれは「優劣」の問題ではない。と、なんだかニュースで使われる言葉に違和感が、、、この場面・ニュースにおいて「命の優劣」って言葉遣いは正しいのだろうか?

 

さて「言っただけ」だから問題ないというならこれはどうか?

ボクシング金メダルの入江聖奈が張本氏にアッパレ!「いろんな意味でスポットを当ててくださった」 | 東スポのボクシングに関するニュースを掲載

張本氏は失言も多いし、なるほどまるで女性がボクシングをすることを批判しているととれるし、フェミニストの皆さんからの格好の餌食であろう。

でも、これこそ「言っただけ」ではないか?

ことさらにかばう気もないが、一体世間は張本氏に何を期待しているのか?彼は80歳を過ぎた老人である。こういった年代の人間にとっては張本氏でなくとも、それこそ男性女性関係なく、女性がボクシングをするということは驚きであるというのはある意味自然なことだ。

私はむしろ目くじらをたてて騒ぎ立てる人間の方に首を傾げたい。

「あぁ、おじいさんおばあさんはそう思うだろうけど、時代は変わったのよ?」ではいけないのか?

それに比べて入江選手の寛容とユーモアのある対応、私は断然こちらを支持する。

 

 

オリンピック後記 ”意味がわからない”

様々な観点での賛否両論の中、オリンピックが閉幕した。

私個人は連日仕事・テレビ・仕事・テレビと忙しく楽しませていただき、ブログを書くのもおろそかになってしまったが、あらためてスポーツの楽しさ・素晴らしさ、アスリートの皆さんに感謝と敬意を示したい。

オリンピック中は競技結果以外にもいろいろなニュースがあったが、中にはやはり違和感を感じざるを得ないものも散見された。。。

 

よくあったのがメディアの二枚舌論だ。つまりコロナ禍のオリンピック開催を疑問視する内容を放送しながら、開催されるや競技結果を賑やかに放送するのはいかがなものかというやつだ。

オリンピック終了後を見据え“コロナ推し”を併用する『モーニングショー』の二枚舌(木村 隆志) | マネー現代 | 講談社(1/4)

私も日本のメディアに辟易するところはあるし、オリンピックに反対なのか歓迎なのか節操がないと映るのはわからんではない。ただ、これはこれでテレビとはそういうものではないかとも思う。コロナ禍で実施するのは問題ではないか、政府・都・委員会の対応対策が不十分ではないかと問題視されていることも放送し、スポーツの競技結果もコロナ対策の良し悪しとは別の話として放送する。何かといじられるモーニングショーにおいてもオリンピック開催支持者の意見も放送していた。どう判断するかは視聴者だし、殊更にどちらか一方の見解に視聴者を洗脳しようともしていなかったと思う。

あの程度に洗脳されるとしたら、その人はきっとワクチン打ったらチップを埋め込まれると信じるレベルの人ではないか。

 

また昨今の教育・指導現場でよく見られる違和感。

五輪柔道コーチ「平手打ち」が波紋...国際柔道連盟「道徳的規範に反する」 選手は「私が選んだ儀式」と擁護(J-CASTニュース) - Yahoo!ニュース

この程度のこと、二人の関係性の中で解決されていればよいではないかと思うのだ。

もちろん程度の問題はあろう。相手にけがをさせる、相手に苦痛しか与えないのであれば、それは単に暴力だ。しかしこれが道徳的に許されないような暴力だろうか?

ひとをいたわる時励ますときに肩を叩くのは暴力なのか?行って来いとお尻を叩いてあげるのは道徳的に許されないのか?

程度の認識は人によって違うからと、なんでもゼロにしておくことがよいというのはあまりに幼稚ではないか?

 

次の特大違和感、、、

「オンライン虐待だ」韓国アーチェリー金メダリストへの「フェミニスト論争」を海外メディアも報道(WoW!Korea) - Yahoo!ニュース

 <W解説>韓国で東京五輪「3冠王」アン・サン選手への中傷=背景には「強制徴兵」など女性優待への不満(WoW!Korea) - Yahoo!ニュース

炎上覚悟で(と言うほど誰も読んでないブログだが)書くと、私も昨今のテレビやネットでフェミニズムを声高に言う人間のことは好きになれない。大嫌いと言ってよい。

しかし、このニュースには驚いた。ショートカット=フェミニスト=けしからん、とはなんと無茶苦茶な論法か、、、なるほど徴兵制という制度とそれに伴う環境について男女差別の議論になるというのは理解できるが、だからと言ってさすがにこれはひどい、、、このブログのひとつのテーマらしきもの(?)、「マイノリティがマイノリティへの偏見を増幅させる」例の一つかもしれない。

 

しかしまぁとかく韓国・中国に関するニュースというのは、その真偽というかそれがマジョリティなのか意図的に一部を切り取ったのかよくわからないニュースが多いように思う。私も韓国や中国の政府に対していろいろと思うことはあるが、悪意に満ちたニュースばかりにひきずりこまれないよう注意が必要だ。

あたりまえだがどこの国にも悪い奴もいれば素晴らしい人もいるのだ。  

五輪柔道、敗れた韓国選手が試合後に... 「これぞスポーツマンシップ」粋な振る舞いに称賛: J-CAST ニュース

中国体操銀メダリスト、「選手への誹謗中傷謹んで」。橋本選手の投稿受け呼びかけ(36Kr Japan) - Yahoo!ニュース

オリンピック 2020

さていろいろあったが東京オリンピックが始まった。

様々な観点で様々な賛否両論が今も続いている。

私は「再延期が望ましい」派であったが、予定通り開催派 vs 中止派の二極の議論ばかり取り上げられて、再延期派はおよびでなかったのは、いまだに腑に落ちない。

中止派ではない私としては、始まったからにはとにかく極力安全に大会が進み、選手の皆さんの活躍をテレビやネットで楽しみたいばかりだ。

 

さて、当オリンピックでも様々な「差別」問題が取り上げられてしまっている。

小山田圭吾の件については別途ブログにも書いたがその後も小林賢太郎だ、のぶみだ、挙句開会式に曲を使用されたに過ぎないすぎやまこういちまで問題視される始末だ。

小山田のそれとのぶみのそれは似たところがあるが、それぞれことの性質が異なるように思う。

ひとつひとつについては今回書く気はないが、小林賢太郎氏の件については、自分も含めて人種・差別問題についての感覚のズレ・無知があるなとあらためて感じた。

さすがに私もユダヤ人虐殺をコントのネタにしてよいわけがないというくらいの常識はあるつもりだが、コントをしていた当時の彼らにはなかったのだろう。擁護するつもりはないが、彼らは差別意識とかではなく、単純にそれはシャレにしてはいけないことだという知識がなかった、無知だったのだと思う。(じゃ、小山田もいじめやいじめ自慢がよくないことだと知らなかった無知なだけでは?などという馬鹿な反論する人はいないと思うが、いても相手にしたくない。)

 

これまた違う話ではあるが、数年前のダウンタウンの黒塗り問題を思い出した。

エディマーフィーに扮した浜ちゃんが問題視された件だ。

正直言って私も「え?いや、あれは差別意識や黒人を侮辱するためのものではないでしょ?」と思った一人だ。

世代にもよるとは思うが、今の日本人で肌の色を重視する人はどれくらいいるのだろう?

断言できるが、私はスポーツや音楽の趣味もあってか、黒人のことをすごいとかかっこいいと思うことはあっても、肌の色を理由に侮辱するような気持ちをもったことは一度もない。古い話だがシャネルズ(ラッツ&スター)が黒塗りで登場した時も純粋に黒人ドゥワップグループへの憧れだと理解できた。

が、そんな日本人の無邪気さは世界では理解されにくいのだなと、ダウンタウンの一件で自分の無知・不認識を知らされた。

エディマーフィーのいわば映画のキャラクターのコスプレの話と明確な人種差別から起きた虐殺の話をコントのネタにした話とは一緒にできないことはもちろんわかっているつもりだが、無知から起きたという点は共通するように思う。

 

日本人は特殊なのだなと思わされることは少なくない。

メジャーリーグなどのスポーツ、グラミー賞などのエンターテイメントの授賞式などを見ていて、「なぜこの国に黒人差別が起きるのか?」などと素朴に思う私などは世界からすると無知・能天気なマイノリティなのだろうなと自覚しつつも、もやもやした気持ちになる。

 

ただ、誤解を恐れずに言えば、それでも時と場合によっては、そんな日本人の特殊さ・無邪気・無頓着・無神経を世界の人が真似してもいいんじゃないか?と思う部分も正直ある。

宗教に関するいいかげんさとか、、、これはいつかブログに書きたいと思う。

 

「ガキ使」浜田雅功の黒塗りメイク BBCやNYタイムズはどう報じた? | ハフポスト

 

小林賢太郎も…東京五輪辞任ラッシュで日本が背負う「恥の山」(FRIDAY) - Yahoo!ニュース

 

絵本作家のぶみ氏が謝罪「ぼくの未成熟さが原因」「不快な思いやご心配を」五輪イベント出演辞退(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

 

作曲家がLGBT差別の杉田水脈氏を肯定…開会式のドラクエ起用に疑問続出(女性自身) - Yahoo!ニュース

小山田圭吾

オリンピック・パラリンピック小山田圭吾問題。

さて今回こそリアルタイムで書こうと思っているうちに、辞任という結果が出てしまった。

いや正解である、というか不正解のあとの正解だが、、、

 

私自身は何年も前にこのいじめ自慢記事のことは知っていて、一瞬で彼が大嫌いになったし、YMOのサポートメンバーに出てきた時にはがっかりしたものだ。

また渋谷陽一のロッキンオンを一時期愛読していた私としては、ロッキンオン時代から記事がつまらなかった山崎洋一郎ロッキンオンジャパン編集長と知って「さもありなん」と思ったのを思い出す。

 

さて、当件いじめの内容がひどいことはもう言う必要はないだろう。

25年以上前の記事のことを今さらという意見もあるが、30近い大人が公にいじめ自慢をしていたのだから、現在の人格を問われても文句は言えないだろう。

当時のサブカルではあの価値観がまかりとおっていたこと自体が問題というような意見もあるようだが、90年代半ばにあの記事をよしとする価値観などサブカルといえどまったくなかったと思うし、あの記事を出版する山崎洋一郎が編集長として頭がおかしいとしか言いようがない。

皆それほど清廉潔白に生きてきたのか?という意見もあるが、だからと言って現在の人格を疑われる彼を国際的な公の場しかも障害者が関わる場に起用する妥当性がどこにあるのか?

あるならばオリンピック組織委員会と本人が説明をすればよいだけだ。

私も子供のころはいたずらはしたし、そのうちのいくつかはいじめと言われても仕方がないなと大人になってから後悔したこともあるので、えらそうに言う資格はない部分もあるのだが、にしても彼のいじめは犯罪のレベルだし、大人になって自慢気に語るのは常軌を逸していると言われても仕方あるまい。

 

今、巷で世間で人気のひろゆき氏がツイッターで「前科者の北野武がオリンピックに携わっても批判されるのか?」というような主旨の発言をしているが、刑事罰を既に受けている人間の話を同様に語るのはいかがなものかと思う。ただ、誤解を招く言い方かもだが、このひろゆき氏の発言で、いじめとかそういった刑罰を伴わない過ちの方が取り返しようがないというか償いようがないのだなぁとあらためて感じさせられた。

小山田圭吾はかつていじめた人たちに謝罪したいと言っていたがそれにどれほどの意味があろうか?

これを理由に小山田圭吾を社会から抹殺するような言動はそれはそれでどうかと思わなくもないが、彼はこの世間からの軽蔑を一生背負わざるを得ないであろう。なんせ自分で自慢げに世間に発信してしまったことなのだからそこは自業自得というものだ。

そんなことはわかっていたであろうに、オリンピック・パラリンピックの仕事を引き受けたこと自体が私には理解しがたい。わかっていなかったのであれば、彼は未だに自分が恥ずべき発信をしたという自覚がなかったということだ。

また、こんなネットででも少し調べればわかることも調べず、彼を当件に採用した組織委員会の杜撰さには呆れてものが言えない。

彼を推薦した人間は今からでも意図含め説明すべきではないか?

 

小山田圭吾 五輪作曲辞任【全文】依頼を受けたことが「配慮に欠けていた」(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

 

みんなでプロレス技かけちゃって/小山田圭吾氏の障がい者いじめ告白 - 東京オリンピック2020 : 日刊スポーツ

 

小山田圭吾、『月刊カドカワ』でもいじめ自慢 「小学校人生全部をかけて復讐した(笑)」(J-CASTニュース) - Yahoo!ニュース

 

いじめ告白、米で相次ぎ報道 「最新のスキャンダル」(共同通信) - Yahoo!ニュース

 

f:id:bibibias:20210720111203p:plain